メグ、笑顔で引退「幸せな選手生活」ビーチ転向否定、指導者も「荷が重い」

[ 2019年6月11日 05:30 ]

会見中に笑顔を見せる栗原恵(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 バレーボール女子の04年アテネ、08年北京両五輪代表で「プリンセス・メグ」の愛称で親しまれた栗原恵さん(34)が10日、都内のホテルで会見し「最後にコートを去るときに、バレーをやってきてよかったと笑顔で言うことが目標だった。思い描いていた通り、幸せな選手生活だった」と正式に引退を発表した。

 栗原さんはJT所属選手として戦った先月の全日本選抜がラストマッチ。「コートに置いてきたものはないと感じた」と完全燃焼を口にした。引退後の指導者転身については「選手としてバレーをすることが大好きなので、指導者というのは荷が重い」と苦笑い。ビーチ転向にも「応援はしてもプレーすることはないです」と否定した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月11日のニュース