石島 白鳥とペアでツアー初出場初優勝、五輪へ意欲

[ 2019年6月10日 05:30 ]

ビーチバレー マイナビジャパンツアー2019第2戦立川立飛大会 ( 2019年6月9日    東京・タチヒビーチ )

ジャパンツアー第2戦で優勝した石島(左)と白鳥ペア
Photo By スポニチ

 決勝が行われ、男子は08年北京五輪バレーボール代表の石島雄介(35)と08年北京、12年ロンドン両五輪ビーチバレー代表の白鳥勝浩(42=ともにトヨタ自動車)組、女子は坂本実優(28=フリー)、沢目繭(25=新興和製薬・湘南ベルマーレ)組が優勝した。

 東京五輪を見据えビーチバレーに転向した石島は、ツアー初出場初優勝。「課題はたくさんある。鍛えがいのある選手だと思われるように、上を見て戦いたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月10日のニュース