野口、30歳初戦優勝へ気合「いいスタートを切りたい」

[ 2019年6月5日 05:30 ]

 20年東京五輪で実施されるスポーツクライミングの野口啓代(30=TEAM au)らが4日、ボルダリングW杯最終戦(米コロラド州ベイル)に向けて成田空港から出発した。野口は5月30日に30歳になり、ファンとの交流イベントで祝福された。「凄く楽しかった。新しいスタート、いいスタートを切りたい」と30歳初戦へ気合十分。

 同種目のW杯で通算21勝を挙げており、最多勝にあと1勝に迫る。今季全勝のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が最大のライバルになるが「優勝を狙っていきたい」と闘志を高めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月5日のニュース