羽生結弦「辛いことがあっても…」久々ブログで伝えた「元気の出るひとこと」

[ 2019年4月2日 11:06 ]

羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)が2日、期間限定で開設しているブログを更新し、「元気の出るひとこと」を伝えた。

 「久しぶりの投稿!」と題し、3月16日以来の更新。「みなさん、お元気でしたか?久しぶりです、羽生結弦です。毎日を元気に乗り切るために、今日は僕の元気の出るひとことをお伝えしたいと思います」と切り出し、その一言が「未来への投資」であることを明かした。

 「辛いことがあっても前を向けるから、励ましてくれる言葉があると乗り切れますよ」と、自身の経験を踏まえてメッセージを送り、最後は「今日もみなさんにとって、すてきな1日になりますように!」と呼びかけた。

 羽生は先月23日まで行われた世界選手権に右足首が完治しないまま出場し2位。今月11~13日にマリンメッセ福岡で行われる世界国別対抗戦を、けがのため欠場することを発表した。羽生の今回の投稿に、ファンからは「前向きな羽生くんを思い出して頑張らなくちゃと気持ちを切り替えられています」「元気が出ました」「未来への投資を他人への思いやりに変えて頑張りたい」など感謝のコメントがあふれている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月2日のニュース