空手 東京五輪の代表選考基準決定!20年4月のランク上位者に

[ 2019年3月8日 05:30 ]

 全日本空手道連盟が20年東京五輪の代表候補を、世界連盟の20年1月の五輪ランキングに基づいて男女の形、組手の各種目とも2選手に絞り、4月のランキング上位者を代表とする方針であることが7日、関係者への取材で分かった。

 空手は追加種目として五輪で初採用され、日本には全種目で1つずつ開催国枠が与えられている。早期に候補を絞り込んで集中的に強化し、コンディションを管理することで、最高の状態で五輪本番に備えさせる狙いがある。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月8日のニュース