乙黒拓 右膝腫れで別メニュー調整「休むのも大事」

[ 2019年3月8日 05:30 ]

右膝の腫れで練習を回避した乙黒拓
Photo By スポニチ

 レスリング男子フリースタイルの国別対抗戦W杯(16〜17日、ロシア・ヤクーツク)に出場する日本代表が都内で強化合宿を開始した。

 昨年の世界選手権65キロ級優勝の乙黒拓斗(山梨学院大)は右膝に菌が入って腫れたため別メニュー調整。日本が33年ぶりに銅メダルを獲得した昨年のW杯でも2勝を挙げた20歳は「W杯に間に合うかギリギリの状態」と明かしたが、今年最大の目標は東京五輪が懸かる9月の世界選手権(カザフスタン)とあり「たまにはゆっくり休むのも大事」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月8日のニュース