紀平梨花、GP連勝の裏に衣装へのこだわり 繊細感覚でバランス確認「右側が少し軽い」

[ 2018年11月27日 21:00 ]

フィギュアスケートの紀平梨花
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦フランス杯でGP2連勝を果たした紀平梨花(16=関大KFSC)が27日、テレビ朝日系「ソノサキ3時間SP」(後7・00)に出演。トリプルアクセル(3回転半)を成功させるための繊細な衣装づくりが明らかになった。

 同番組は、今月行われたGPシリーズ第4戦NHK杯に向けて衣装選びを行う紀平に密着。この日、紀平がチェックしたのはエキシビジョン用の衣装だった。「暗めな曲をイメージした」という黒を基調とした衣装を試着し、「袖に少し紫を入れてほしい」など作り手に要望を伝えていた。

 紀平といえば大技・トリプルアクセルの使い手。ジャンプの成功には衣装の左右のバランスも重要で、もしバランスが悪いと回転中に軸がブレて着地が難しくなるという。衣装を着た紀平は、その場で何度もジャンプしてバランスを確認。繊細な感覚で「右側が少し軽い」と指摘すると、作り手が衣装の右側に飾り石を追加してバランスを修正した。

 その後、紀平はNHK杯でGPシリーズ初出場初優勝。11日に行われたエキシビジョンで、細部までこだわった衣装を披露していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月27日のニュース