遅咲き31歳・西川 ラグビー代表宮崎合宿で2日連続主力組

[ 2018年10月17日 05:30 ]

ラグビー日本代表フランカー西川(右端)はミニゲームでも豊富な運動量を見せた
Photo By スポニチ

 遅咲きのサラリーマン選手が日の目を見そうだ。ラグビー日本代表の宮崎合宿第2日が行われ、フランカー西川征克(31=サントリー)が2日連続で主力組に入った。実戦形式で運動量と密集でのしつこさを発揮。「出られるかどうか分からない状況。勉強することも多い。チャレンジです」と26日の世界選抜戦(花園)の出場を狙う。

 今春、31歳で代表に初選出され、6月のジョージア戦で途中出場をして初キャップ。次は初先発の期待が懸かる。ピッチを離れれば、家庭用スーパーを担当するサントリーの営業マン。仕事と同様、上司に存在を売り込む。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月17日のニュース