今平 あの美人キャディーと今オフ結婚!昨年関西OP優勝時にコンビ

[ 2018年6月7日 06:30 ]

昨年の関西オープンで優勝、キャディーを務めた若松菜々恵さんとトロフィーを手に笑顔の今平
Photo By スポニチ

 男子プロのホープとして注目されている今平周吾(25=レオパレスリゾートグアム)が、今オフに結婚することが6日、分かった。お相手は若松菜々恵さん(22)で、昨年の関西オープンで初優勝した際にキャディーを務めた“幸運の女神”だ。すでに5月に婚約しており、若手の成長株が心強い伴侶を得て一層の飛躍を目指す。

 ゴルフ界の“話題のカップル”がゴールインする。今平と若松さんの美男美女ペアが注目されるきっかけとなったのは、昨年の関西オープンだった。

 若松さんは当時、岐阜・中部学院大4年でゴルフ部に在籍する女子大生ゴルファー。2人の出会いは3年前の岐阜オープン。昨季開幕前の同大会で初めて今平のキャディーを務め、開幕戦の東建ホームメイトでもコンビを組み8位の好成績を収めた。美人キャディーとして複数のメディアに取り上げられ、ラウンド中にギャラリーからも声を掛けられる人気に。そして迎えた3戦目の関西オープンでは、最終日の1番でダブルボギーとつまずいた今平を粘り強く支え、初Vに導く勝利の女神となった。試合後に今平は「小さな体で頑張ってくれました」と感謝の言葉を口にしていた。

 その後、選手とキャディーの関係から交際に発展。遠征先に応援に駆けつける若松さんの姿が見られるようになった。今平は昨季、ANAオープンで2位、セガサミーカップで3位に入るなど好成績を収め、獲得賞金額も初めて1億円を突破し賞金ランク6位と躍進。今季も関西オープンで2位、国内メジャーの日本ツアー選手権で3位と国内戦7試合のうち、4試合でベスト10に入る安定感を発揮している。婚約を機に今まで以上に競技に集中できるようになった逸材のさらなる活躍が期待される。

 ◆今平 周吾(いまひら・しゅうご)1992年(平4)10月2日生まれ、埼玉県入間市出身の25歳。8歳でゴルフを始め、06年の関東ジュニアでは1学年上の石川遼を1打上回り、08年日本ジュニアでも1歳上の松山英樹を抑え優勝。高校中退後に米国にゴルフ留学。14年下部ツアーで2勝を挙げ賞金王。16年賞金ランク10位、17年同6位、今季もここまで9位と好調をキープ。1メートル65、60キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年6月7日のニュース