PR:

伊調へのパワハラ告発に新たな男の関与浮上 協会とは無関係の人物か

 東京都内で開かれた日本レスリング協会の理事会
Photo By 共同

 女子レスリングの伊調馨(33=ALSOK)が、日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けたとする告発状が関係者から内閣府に出された問題で、同協会とは無関係の人物の存在が浮かび上がってきた。馳浩元文部科学相は8日、「今回の告発に関し、関係者の会話が本人たちの同意のないまま録音されたとも聞いている」と明かした。

 スポニチ本紙の取材によれば、今回の告発にはバルセロナ五輪代表で現役時代は栄氏のライバルでもあった安達巧氏のほか、レスリング協会とは無関係の男が大きく関わっている。伊調は今月1日に所属先を通じて「告発状については一切関わっておりません」とコメントを発表しており、同協会の副会長を務める馳氏は「(告発状の)主語は誰なのかが一つの問題。どういう経緯があったのか私たちには知り得ない」とその経緯に関心を向けた。

 馳氏は告発状で栄氏から伊調を指導しないよう圧力をかけられたとされる田南部力氏にも3日に電話で連絡を取り、「協会の調査は第三者を入れて話しやすい環境をつくる」と伝えたという。伊調については「現役を続けたいなら全面的な支援をしたい」と練習場所、指導者を含めた完全バックアップを約束した。今後は協会と内閣府が双方で聞き取り調査を実施する。パワハラの有無そのものを含めて解明されるべき点は多く残っている。

[ 2018年3月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画