大砂嵐に引退勧告 無免許運転で追突事故 相撲協会が処分

[ 2018年3月9日 15:41 ]

大砂嵐
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は9日に大阪市内で理事会を開催し、2月に道交法違反(無免許運転)の罪で略式起訴されたエジプト出身の幕下・大砂嵐(26=大嶽部屋)に対して引退勧告の処分を決めた。大砂嵐は受け入れる意向。

 大砂嵐は1月1日に長野県内で同3日には同県山ノ内町で、それぞれ有効な運転免許証を持たずに乗用車を運転したとしている。同3日に追突事故を起こした。当初は日本相撲協会に「妻が運転していた」などと説明したが、その後、県警の調べに運転していたことを認めた。相撲協会は力士による車やバイクの運転を禁じている。

 大砂嵐はエジプト・ダカハレヤ県出身で、アフリカ大陸からの初の力士で12年春場所初土俵。13年九州場所で新入幕。14年名古屋場所では同一場所で横綱初挑戦から戦後初の2日連続金星を獲得。幕内在位は17場所。

 ▽日本相撲協会の処分 賞罰規程の第3章「懲戒」に定められている。親方、力士ら協会員への処分は、軽い順に「けん責」(将来を戒める)、「報酬減額」、「出場停止」、「業務停止」(協会事業への従事を停止する)、「降格」、「引退勧告」、「懲戒解雇」の7項目。引退勧告後、速やかに引退届を提出しない場合は解雇に準じて取り扱う。旧規程で最も重い除名は、公益財団法人移行後の現行規程からなくなった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年3月9日のニュース