PR:

休場の白鵬、左足親指は全治3週間…「四股を踏むのがやっと」師匠が説明

横綱・白鵬
Photo By スポニチ

 大相撲春場所(11日初日、大阪)休場が決まった横綱・白鵬(32=宮城野部屋)について、師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)は9日、大阪市内で取材に応じ「左足親指MP関節側副靭帯損傷で全治3週間」と診断内容を明かした。

 5日の出稽古までは順調だったが「その後、体がおかしい、と言ってきた。四股を踏むのがやっと。押さえると電気が走る感じで痛いらしい」と説明した。

 白鵬は初の2場所連続休場。師匠は「無理してきたところが(ケガに)出てきている。腕が痛くても優勝したことはあったが、足はそうはいかない。仕方がない」と語った

[ 2018年3月9日 10:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月24日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画