バレーボール協会会長代行に林氏、新会長選出の早期決着示唆

[ 2017年6月16日 05:30 ]

 日本バレーボール協会は都内で臨時理事会を開き、14日の評議員会で退任が決まった木村憲治前会長(71)の後任に、協会理事の林孝彦氏(57)を会長代行に選んだ。

 会見した林会長代行は「理事数人から、今日拙速に会長を決めるべきではないと意見が出た」と経緯を説明。新会長選出については「数カ月で対応したいと思う」と早期決着を示唆した。会長人事を巡っては3期連続で会長が1期2年で交代という異例の事態となっている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月16日のニュース