9秒94マークの多田 追い風参考ながら「びっくりした」

[ 2017年6月10日 15:28 ]

男子100メートル準決勝、追い風4.5メートルの参考記録ながら9.94秒で決勝進出を果たした多田
Photo By スポニチ

 陸上の日本学生個人選手権第2日が10日、神奈川県のShonan BMWスタジアム平塚で行われ、男子100メートル準決勝で多田修平(20=関学大)が追い風4・5メートルの参考記録(2・0メートルまでが正式記録)ながら9秒94を記録した。決勝は同日午後6時20分から行われる。

 追い風参考記録でも、日本人選手が9秒台をマークするのは国内では初めて。

 多田は「びっくりした。まさかあのタイムが出るとは…」と驚きながらも「気持ちよかった。準決勝から狙っていこうと思っていた」と好タイムを喜んだ。

 多田は男子短距離のホープ。5月21日に行われたセイコー・ゴールデングランプリ川崎でも04年アテネ五輪金メダリストのジャスティン・ガトリン(35=米国)、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(23=ナイキ)に次いで3位に入っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月10日のニュース