白鵬 コーヒーの魅力熱弁「全てにおいていい」取組2時間前に必ず飲む

[ 2017年2月27日 05:30 ]

トークショーのイベントでコーヒーを口にする白鵬
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬が10年間継続している“コーヒー・ルーティン”について「目、顔つき、脳、考え方、集中力、体の張り、全てにおいていい」と魅力を説いた。

 京都・上賀茂神社で奉納土俵入りを行い、同社の境内を流れる「神山湧水(こうやまゆうすい)」で作られたAGF社製コーヒーのイベントにも参加。取組2時間前に必ずコーヒーを飲んでいることを明かした。10年前に父ムンフバト氏からもらったコーヒーを体に流し込むと「パァと汗をかいて体に合うと思った」という。春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)へ「神山湧水の水で作ったコーヒーを飲んだので体も温まった」とPRにも成功しニンマリだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年2月27日のニュース