3冠白井 W杯から帰国 鉄棒でもV「自信になった」

[ 2017年2月27日 05:30 ]

今季の初戦のW杯で3種目を制して帰国した白井健三
Photo By スポニチ

 体操のW杯で床運動、跳馬、鉄棒の3種目を制した白井健三(20=日体大)がメルボルンから帰国した。オールラウンダーへと進化するため、今回はあん馬以外の5種目に出場し、「鉄棒でも優勝できて、自信になった」と手応えをつかんだ。

 跳馬の予選では新技「シェルボ2回ひねり」に成功。4月の全日本選手権で跳ぶ予定はないが、「新ルールになってどう評価されるか、試したかった。感覚と経験を持って帰れた」と収穫を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年2月27日のニュース