摂南大 3連敗も光「やりたいことは少しできた 次につながる」

[ 2016年10月9日 20:20 ]

関西大学リーグ ( 2016年10月9日    鶴見緑地 )

 3連敗を喫したとはいえ、摂南大に光りが見えた。速い出足の守りで関大に食らい付いた。後半、一時は12点のリードを奪う場面があり、80点失点以上を喫した開幕2戦とは明らかに違う姿を見せた。

 No.8浅田龍太(3年)は後半開始早々、自陣ゴール前に攻め込まれた場面で好タックルを浴びせてターンオーバーに成功した。今季から元日本代表主将のアンドリュー・マコーミック氏がコーチに就任。その指導が生きていると実感している。

 「足首ではなく、へそにめがけて強いタックルをするように言われている。それができた」

 初戦で三つのノックオンをしたことが影響したか、前節はメンバーを外れた。前半32分にはゴール前ラインアウトから空いたスペースを突いてトライを上げ、開幕戦の汚名は返上した。「負けはしたけど、やりたいことは少しできた。次につながる」。後は勝利を手にするだけだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月9日のニュース