フェンシング協会 暴力問題で倫理委員会設置へ、相談窓口も

[ 2013年2月5日 19:56 ]

 日本フェンシング協会が選手のトラブルなどを審議する「倫理委員会」を新たに設置することが5日、分かった。体罰や指導者の暴力が社会問題となる中、選手の「駆け込み寺」の役割を担う相談窓口も倫理委内に設ける方針という。

 協会関係者は「相談窓口にカウンセラーを置くことも検討している。コンプライアンス(法令順守)の確立が今の時代には必要だ」と説明した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月5日のニュース