遼くん 米国主戦場は「今すぐに、とは考えていない」

[ 2012年3月22日 09:08 ]

米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待を前に記者会見する石川遼

 米男子ゴルフツアーのアーノルド・パーマー招待に4年連続で出場する石川遼は21日、米フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)でパットやショットの最終調整を行った。

 その後、記者会見に臨み「(この大会で)今まであまりいい成績が残せていないので、今年こそ頑張りたい」と抱負を語った。

 コースは池が多くて難度が高く、これまでの最高は40位。予選落ちが2度と振るわないが「(初出場からの)この3年間、すべての面で順調すぎるくらい成長してきた。結果を出すために重要なのはプロセスだし、努力もしてきた」と自信をのぞかせた。

 米ツアーで今季の特別一時会員となって初めての試合。主催者推薦で出場する試合数に制限がなくなるため、米メディアからは米国を主戦場にするのか、との質問が出た。石川遼は「将来的にはそれを夢見ているが、日本のツアーのおかげでここにいるし、感謝している。今すぐに、とは考えていない」と話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年3月22日のニュース