遼くん 念願の彼女初帯同!少しハイに?

[ 2012年3月22日 06:00 ]

日本から彼女が応援に駆けつけて終始笑顔の石川遼

 彼女の前で男を上げろ!石川遼(20=パナソニック)は22日開幕のアーノルド・パーマー招待に向け、フロリダ州のベイヒル・クラブ&ロッジで20日に練習ラウンドを行った。今週からは昨年10月に交際発表した恋人も初帯同。彼女の存在をそばに感じながら、4年連続出場となる今大会での奮起を誓った。

 細身の女性が石川の練習をじっと見守っていた。18ホールのラウンドも、その後のショットやパットの練習も。この人が誰あろう石川の恋人だった。コースから離れる時も、石川の運転する車の助手席には当然のように女性の姿があった。

 練習に対する真剣さに変わりはないが、18番ではティーグラウンド脇のテレビ塔に駆け上がって前方の状況を確認するなど、普段より少しハイになっているようにも見えた。「今回連れてきたことに特別な意味はないです。たまたまこのタイミングだっただけです」。そう話す照れ笑いの奥には“20歳のマスターズ”に彼女を連れて行ける喜びも透けて見えた。

 この日はロングパットの距離感をテーマに調整した。「ゴルフはかなりいい状態になっている。こういう難しいコースでいいプレーができれば、自分にとって大きな自信になるはず」。1年前と違うのは積み上げてきた経験と磨いてきた技術。そして恋人がすぐそばにいてくれること。彼女の前でいいところを見せたい。そんな単純なモチベーションがあったとしたら、それは決してマイナスになるものではないはずだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年3月22日のニュース