体協 13年東京国体で薄暮の開会式を承認

[ 2012年3月22日 19:08 ]

 日本体協は22日の国体委員会で、2013年秋に国体を開催する東京都が五輪に倣って開会式を薄暮から夜にかけて実施することを特例で承認した。通常は日中に行うが、20年夏季五輪招致を目指す都は、東日本大震災からの復興を象徴する「火」や希望を照らす「光」を効果的に活用した演出を提案していた。

 味の素スタジアムで行われる開会式は来年9月28日午後5時に始まる。日本体協が実施したアンケートでは反対意見もあったが、選手の負担軽減に努めることを条件に認められた。開会式の薄暮開催は1949年の東京国体や97年の大阪国体で例がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年3月22日のニュース