トランポリン合宿始まる 五輪代表の伊藤「メダル近い」

[ 2012年2月9日 19:03 ]

トランポリンの強化合宿で練習する伊藤正樹

 トランポリンの強化合宿が9日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で始まり、男子の伊藤正樹と女子の岸彩乃(ともに金沢学院大ク)のロンドン五輪代表らが、約2時間の跳躍練習や体力トレーニングで汗を流した。合宿は12日まで行われる。

 昨年の世界選手権で銅メダルに輝いた伊藤は、日本勢初の五輪メダル獲得に向け「近い位置にいる」と自信を示し、演技後半の跳躍の高さ向上を課題に掲げた。

 男子は残り1枠をかけた五輪代表最終選考会が4月28日にJISSで行われる。2008年北京五輪に続く代表入りを狙う上山容弘(大体大大学院)は「自分が取ってきた出場枠なので代表入りしたい」と意欲を語った。北京五輪4位入賞の外村哲也(JPT)は腰痛のために跳躍練習を回避し「今は跳べないが、選考会までにどうにかするしかない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年2月9日のニュース