日本女子が団体で決勝進出

[ 2012年2月9日 10:42 ]

 アーチェリーの世界室内選手権は8日、米ネバダ州ラスベガスで団体の決勝トーナメントを行い、女子で蟹江美貴(ミキハウス)長岡光江(岐阜県体協)大久保舞(近大)で組む日本は1回戦でウクライナに226―224、準決勝でロシアに228―226で勝ち、9日の決勝に進んだ。米国と対戦する。

 男子の日本は1回戦でロシアに226―228で敗れ、7位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年2月9日のニュース