福島 追い風参考も11秒16に充実感!

[ 2011年6月27日 06:00 ]

女子100メートルの第2レース、追い風参考記録ながら11秒16の好タイムを出した福島千里

陸上・布勢リレーカーニバル

(6月26日 鳥取県・コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場)
 女子100メートルの福島千里(23=北海道ハイテクAC)は第2レースで自身の持つ日本記録11秒21を上回る11秒16を出したものの、追い風3・4メートルで参考記録となった。第1レースでは自己2番目に並ぶ今季最高の11秒24をマークするなど、好調ぶりをアピールした。

 追い風参考ながら、福島が初めて11秒20を切った。「1000%、風のおかげ。残念とか思っていない」と笑いながらも「思い通り走れました」と充実感を口にした。第1レースでは向かい風0・3メートルでロンドン五輪の参加標準記録A(11秒29)を突破する11秒24。今季は左ふくらはぎのけいれんで2度も棄権したが、2冠に輝いた日本選手権から上昇ムードで、前傾姿勢で飛び出すスタートに鋭さがよみがえった。7月のアジア選手権は200メートルに絞り、8月の世界選手権(韓国・大邱)に臨む。「まだいけるなという感覚がある。次が楽しみ」。27日に23歳となる女王は、世界の大舞台で正真正銘の日本新記録を出すつもりだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月27日のニュース