フェリックス全米選手権史上初の3種目制覇 

[ 2011年6月27日 06:00 ]

全米選手権女子400メートルを制したフェリックス(左)

 陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた全米選手権(オレゴン州ユージン)は25日に3日目の競技を行い、女子400メートル決勝ではアリソン・フェリックス(25)が50秒40で優勝した。

 同選手は全米選手権で過去100メートルと200メートルの優勝経験があり、史上初めて3種目制覇を達成した。男子400メートル決勝では成長著しいトニー・マッケイ(21)が今季世界2位の44秒68をマークし1位となった。国内第一人者のジェレミー・ワリナー(27)は44秒98で2位だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月27日のニュース