把瑠都、また…ジャージーで外出し厳重注意

[ 2011年3月19日 06:00 ]

 大関・把瑠都が、ジャージー姿で16日に大阪市内の繁華街にいたことが一般人の情報で発覚し、師匠の尾上親方(元小結・浜ノ嶋)とともに相撲協会から厳重注意を受けた。

 尾上親方は「知人のお見舞いで大阪に行っていたが、許される問題ではない。厳しく注意した」と話した。相撲協会は東日本大震災後、許可なく地方へ行くことを禁止。把瑠都は07、09年にもTシャツ、短パン姿で繁華街を出歩き厳重注意を受けていた。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月19日のニュース