ウォズニアッキ、日の丸を手に「胸が痛みます」

[ 2011年3月19日 06:00 ]

 女子テニスの世界ランク1位、キャロライン・ウォズニアッキ(20=デンマーク)が17日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われたBNPパリバ・オープン準々決勝で、東日本大震災の被災者に弔意を示した。

 対戦相手のビクトリア・アザレンカ(20=ベラルーシ)とともに「Our thoughts are with you(私たちの思いは日本の人たちとともにあります)」と書かれた日の丸を手にしてコートに登場。ジュニア時代から来日しているウォズニアッキは「日本での出来事には胸が痛みます。自分の思いを伝えたかった」と語っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月19日のニュース