元祖「侍」ジャパンはこっちです!商標登録もしてた

[ 2009年4月7日 06:00 ]

ロンドン五輪へ向けた始動会見に出席したホッケー日本代表の(左から)山中学男子チームマネージャー、坪内一浩男子主将、駒沢李佳女子主将、安田善治郎女子ヘッドコーチ

 侍ジャパンの元祖はオレたちだ!日本ホッケー協会は6日、12年ロンドン五輪へ向けた強化方針を発表。日本代表は女子の“さくらジャパン”と同様、男子も“さむらいジャパン”の愛称を持つが、永井東一広報委員長は「WBC日本代表より前に“さむらい”を名乗っていた。元祖は私たちなのでパクったのではない」と主張した。

 日本協会は昨年3月に“さむらいジャパン”の愛称を公募で決め、商標登録もした。それから8カ月後、野球のWBC日本代表の名称が“侍ジャパン”に決定。一部理事からは「オレたちの方が早かったのだから金を取れ!」という意見もあったが、男子日本代表は68年メキシコ大会以来、五輪出場がなく「知名度で及ばないから仕方ない」(永井氏)で落ち着いた。“侍”を見返すためにも、5月に就任する初の外国人指揮官、オランダ人のジークフリート・アイクマン氏の下でロンドン五輪出場を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2009年4月7日のニュース