×

スペイン2部ウエスカ退団の元日本代表MF橋本拳人が去就に言及 まさかの「ニートです」!?

[ 2024年6月20日 21:35 ]

関西サッカーフェスに講師として登場した(左から)古橋亨梧、橋本拳人、宮原勇太
Photo By スポニチ

 全国のプロを目指す小学6年生、中学1年生を対象に練習会などを行う「関西サッカーフェス」の第5回が20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた。

 現役のプロ選手では3日にスペイン2部ウエスカを退団したMF橋本拳人、スコットランド1部セルティックFW古橋亨梧、ポーランド1部グールニク・ザブジェMF宮原勇太の豪華3人が講師として登場。子どもたちと基礎から実戦練習まで、ともに汗を流した。

 去就が注目される橋本は「チームを探している状況です。ニートです」と冗談を飛ばしつつ「見つからなかったら(日本国内に)帰ることも考えていますけど、そっち(スペイン)で続けたいなと思っています」と“残留”を優先している状況を明かした。

 2冠に貢献した古橋は「個人的には昨シーズンに比べたら得点数を伸ばすことはできなかったですけど、最終的に2冠を取ることができて、(元イングランド代表GK)ジョー・ハート引退の年にいい形で締めることができて良かった」と今季を回顧した。

 また、興国(大阪)から卒業を待たず渡欧した宮原は「セカンドチームでプレーしていて、トップに上がるためにはもっと結果を出していかないといけない。みんな英語でしゃべってくれて聞けるようにはなってきたんですけど、自分でしゃべるというのはまだ難しくてできない。チームとのコミュニケーションだったり、監督の言っていることだったり、戦術だったりというのをまだちゃんと理解できていないので、もっと勉強しないとな、と思いました」“言語の壁”を明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月20日のニュース