×

マンC本拠でアグエロ銅像がお披露目 44季ぶり優勝決定弾から10年目の記念日に

[ 2022年5月14日 14:33 ]

銅像の前で撮影に応じるアグエロ氏(AP)
Photo By AP

 サッカーの元アルゼンチン代表FWで、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーでクラブ最多の公式戦260得点を記録したセルヒオ・アグエロ氏(33)の銅像が13日にホームスタジアムでお披露目された。

 アグエロ氏は12年5月13日に行われたQPRとの最終戦で後半アディショナルタイムに44季ぶりの優勝をもたらすゴールを記録。10年の記念日にスタジアムを訪れ、脱いだユニホームを右手で振り回して喜ぶ様子を再現した銅像に「10年前の自分の姿を見て、とても感激している。この10年でたくさんのトロフィーを勝ち取り、世界で最も重要なクラブにする手助けができた。とても特別なことだ」と感慨深げに語った。

 マンチェスターCでプレミアリーグ5回、FA杯1回、イングランド・リーグ杯6回の優勝に貢献したアグエロ氏は昨季終了後にクラブを退団してバルセロナに加入したが、昨年12月に心臓疾患で現役引退を表明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月14日のニュース