大久保嘉人氏 国見高恩師・小嶺さん悼む 「教わったこと全てが今の自分に…直接引退報告できて良かった」

[ 2022年1月7日 15:27 ]

大久保嘉人氏
Photo By スポニチ

 国見高(長崎)を率いて1987年度の初制覇を含め、全国高校サッカー選手権を6度制した小嶺忠敏さんが7日、死去した。76歳。国見高校時代の教え子で、今季限りで現役を引退した元日本代表FW大久保嘉人氏(39)が自身のインスタグラムを更新し、恩師を悼んだ。

 「小嶺先生の突然の訃報に接し、心から哀悼の意を表します」とし、「先生に教わったこと全てが今の自分になっています。怖い怖いと思われていた先生。でも、私が知っている先生は本当に優しくて、いつも最高の笑顔を見せてくれる先生でした。そして先生に直接、引退の報告ができて良かった。先生が作ってくれた大久保嘉人のサッカー人生を、最後の最後まで見届けてくださり、本当にありがとうございました。 大久保嘉人」と記した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2022年1月7日のニュース