×

南野途中出場のリバプールが今季初黒星 昨季からの公式戦連続無敗は25試合で止まる

[ 2021年11月8日 14:55 ]

プレミアリーグ   ウェストハム3―2リバプール ( 2021年11月7日    ロンドン )

ウェストハム戦の後半に途中出場し、攻め込むリバプールの南野
Photo By 共同

 2位リバプールが4位ウェストハムに2―3で今季初黒星を喫した。1―1から後半に2失点。南野は2点を追う後半35分から中盤で出場し、2―3の後半アディショナルタイムに南野が受けたファウルからFKで好機を築く場面もあったが、セットプレーとカウンターで決定力を発揮した相手に競り負けた。

 今季欧州CLでも難敵ぞろいの1次リーグを4連勝で首位突破を決めるなど好調のリバプールにとっては、Rマドリードに敗れた昨季CL準々決勝第1戦(4月6日)以来の黒星で公式戦の連続無敗記録は25試合でストップ。3位に浮上したウェストハムに代わって4位まで転落し、クロップ監督は「きょうのウェストハムは深く守ってセットプレーとカウンターを仕掛けてきた。後半は全体的にボールを失った。相手の(カウンターからの)2点目は素晴らしかったが、許してはいけなかった」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月8日のニュース