欧州視察中の森保監督、A代表に田中碧招集示唆 独U21代表アペルカンプには“日本選んで”ラブコール

[ 2021年9月23日 05:30 ]

田中碧
Photo By スポニチ

 日本代表の森保監督が22日、視察先のフランスからウェブ取材に応じた。早速、ドイツ人の父と日本人の母を持ち、将来、ドイツと日本のA代表の選択が注目されるドイツ2部デュッセルドルフのMFアペルカンプ真大(20)と対面したことを明かし「いつも見てるよと伝えました。成長をサポートしていきたい。日本代表を選択してもらえるように」とラブコールを送った。

 また同クラブの東京五輪代表MF田中碧にも言及。視察した試合でもチームの中心に君臨しており「実力的にはもちろん候補。得点に絡むところで結果を出せれば自然と代表に入ってくる選手」とA代表入りを示唆した。

 視察はデュッセルドルフのJFAオフィスを拠点にドイツ、フランス、ベルギー、オランダを行脚。オフィスには治療室も完備され、オフの日には選手3、4人が訪ね、コミュニケーションを図ることも可能という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月23日のニュース