FC東京・レアンドロ 相手選手の顔面肘打ちで一発退場、長谷川監督「許されざる行為」

[ 2021年9月23日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節   FC東京1-1名古屋 ( 2021年9月22日    味スタ )

<FC東京・名古屋>後半、レアンドロ(左)は中谷に肘打ちし一発退場(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 愚行が熱のこもったゲームに水を差した。1―1の後半36分、FC東京のブラジル人MFレアンドロが一発退場。アフター気味にタックルに行った際に、右肘で相手選手の顔面を強打した。昨年10月にも相手選手の顔面を殴ったことが発覚し、3試合の出場停止処分を受けている。

 長谷川監督は「許されざる行為だと思うし、レッドカード相当だった」と強調した上で「彼も凄い反省して、二度とやりませんと話していた」と明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月23日のニュース