FIFAのW杯隔年開催案にUEFAがあらためて懸念を表明「神秘性や価値が薄れる危険性がある」

[ 2021年9月23日 17:17 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)が検討しているW杯隔年開催案に関し、欧州サッカー連盟(UEFA)が22日に懸念を表明した。

 声明を発表し「4年に一度行われることで何世代にもわたってファンが育ててきた神秘性や世界最大のサッカーイベントという価値が薄れる危険性がある」と指摘。FIFAが一方的に構想を発表して検討を進めている点に関しても「関係各所との協議もなく大胆な改革案が公表され、推し進められる手法に失望している」と批判した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月23日のニュース