×

ケルン・モデスト、亡くなった父の誕生日にささげるゴール “3度目の正直”で

[ 2021年9月19日 14:41 ]

ドイツ1部   ケルン1―1ライプチヒ ( 2021年9月18日    ドイツ・ケルン )

 ケルンのFWアントニー・モデスト(33)が“3度目の正直”で亡き父にささげるゴールを決めた。

 ライプチヒ戦で前半37分と後半5分にネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でいずれもゴールとは認められなかった。それでも前線で危険な存在であり続け、後半8分にこぼれ球を右足でシュート。直前に味方選手がファウルをおかしたとして当初はゴールと判定されなかったが、3度目のVARで先制点と認められた。

 チームは追いつかれて試合は1―1の引き分けに終わったが、今季5試合で4得点と好調を維持。試合後のインタビューで「今日はパパの誕生日だった。いろんな思いがあるよ。3年前に亡くなったけど大事な存在だったからね」と涙ながらに語った。

 3年前に64歳で亡くなったギーさんも元プロ選手で、現役時代はサンテティエンヌなど主にフランス2部でDFとしてプレーした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年9月19日のニュース