神戸、横浜FW仲川獲り 19年J1得点王&MVP、古橋移籍金も活用

[ 2021年7月19日 05:30 ]

横浜FW仲川
Photo By スポニチ

 神戸が今夏の緊急補強として、横浜のFW仲川輝人(28)の獲得に乗り出していることが18日、分かった。

 複数の関係者によると、既に正式オファーを提示しており、クラブ間での交渉を始めているという。日本代表FW古橋亨梧(26)がセルティックへ完全移籍することが決まった中、その移籍金も活用するもようだ。

 圧倒的なスピードと突破力を誇る仲川は、19年にJ1得点王とMVPを獲得し、日本代表としても2試合に出場。昨季はケガもあって不完全燃焼だったが、その能力に疑いの余地はない。古橋の移籍が決まった際、神戸の平野孝スポーツダイレクターは「抜けた穴は小さくない。得点が取れる選手を獲得したい」と話していた。

 古橋と仲川のタイプは異なるが、得点力などを神戸は高く評価。その本気度を示すかのように、好条件の大型オファーを提示しているという。アジアNo・1クラブを目指す中で、新たに判明した補強策。今後の交渉の行方に注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月19日のニュース