J2松本新監督に名波浩氏就任 J1復帰へレジェンドに再建託す

[ 2021年6月21日 05:31 ]

名波浩氏
Photo By スポニチ

 19年シーズン途中まで磐田の指揮官を務めていた元日本代表MF名波浩氏(48)が、J2松本の監督に就任することが20日までに分かった。関係者によれば、クラブは成績不振により昨季途中に就任した柴田峡監督(55)を解任。21日に併せて正式発表される見通しで、22日の練習から名波氏が指揮する予定という。

 3年ぶりのJ1復帰を目指す松本は今季、柴田体制を継続させシーズンイン。だが開幕から調子が上がらず、最近は4連敗を含む7戦勝ちなしと状況がさらに悪化していた。順位もJ3降格圏に近づく17位まで下降。フロントは監督交代が不可欠と判断し、後任として以前磐田を立て直した経験を持つ名波氏に白羽の矢が立った。

 名波氏は14年9月、当時J2で不振にあえいだ磐田の監督に就任。監督経験はなかったが、類いまれな知識とリーダーシップを発揮し、翌15年にはJ2で2位となり、チームを3年ぶりのJ1復帰へ導いた。17年には元日本代表MF中村俊輔(42=横浜FC)を獲得し、J1で6位まで浮上するなど手腕を発揮した。約2年ぶりにベンチに戻ってくる、日本サッカー界のレジェンド。今回の舞台は信州の地となる。

 ◇名波 浩(ななみ・ひろし)1972年(昭47)11月28日生まれ、静岡県藤枝市出身の48歳。清水商から順大を経て95年磐田入り。08年に現役を引退するまで97、02年のJ1年間優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。磐田以外では期限付きで99年7月~00年6月にセリエAベネチア、06年C大阪、07年J2東京Vでプレー。J1通算314試合34得点。日本代表では95年から活躍し、98年W杯フランス大会に出場。国際Aマッチ通算67試合9得点。監督経験は14年9月~19年6月まで磐田を指揮。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月21日のニュース