湘南4戦負けなし 指宿2戦連発「自分のゴールで勝てて良かった」

[ 2020年10月31日 18:03 ]

明治安田生命J1第25節第3日   湘南1-0横浜FC ( 2020年10月31日    Shonan BMWスタジアム平塚 )

<湘南・横浜FC>後半、決勝ゴールを決める湘南・指宿
Photo By 共同

 湘南がFW指宿洋史(29)の2試合連続ゴールで3試合ぶりの勝利。2引き分けを挟んで4試合負けなしとなった。

 後半34分にDF館幸希(22)からのフィードをMF岡本拓也(28)がつないで、指宿が抜け出すと、右45度から右足でゴール左に決めた。

 「うまく背後に抜け出し、落ち着いて決められた。湘南にとって必要なのは勝ち。自分のゴールで勝てたのは良かった」とストライカーらしく振り返る。後半14分に左サイドの茨田陽生(29)のFKからヘディングでシュートしたがポスト。「いいボールが来たが、外してしまった。次は決めようと思っていた」と悔しそう。前節鳥栖戦で今季初ゴールを決めたが、「点が取れたが勝てなかった。FWが決めて勝たないと」と、この試合はチームを勝利に導けてホッとした様子だ。

 横浜FCには前回8月に対戦したときは前半20分までに4失点して敗れ、調子を崩した。今回はきっかけとなる勝利。「いまの僕らは勝ってひとつひとつ自信を積み上げて、残りひとつでも多く勝つことが重要。ようやくピッチでやりたいことが出せるようになった」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月31日のニュース