G大阪の小野社長がサポーターに謝罪「とんでもない行為だと自覚」 アデミウソンが道交法違反の疑い

[ 2020年10月31日 18:58 ]

明治安田生命J1第25節   G大阪-札幌 ( 2020年10月31日    パナスタ )

<G大阪・札幌>アデミウソンの酒気帯び運転に対して謝罪するG大阪・小野社長 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 道交法違反の疑いで警察から任意捜査を受けたG大阪FWアデミウソンに関して、小野忠史社長が試合前に謝罪した。

 スタジアム四方に深々と頭を下げて「このたびアデミウソンの不祥事に関して、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました。とんでもない行為だと自覚しています。被害に遭われた方に対して心よりお詫び申し上げます。また、ご来場いただいている皆さまを始め、苦しい時も良いときもガンバ大阪を常に応援して下さる皆さまに深くお詫びいたします。残り10試合、全員で心一つに戦って参ります。このたびは本当に申し訳ありませんでした」と陳謝。多くのサポーターからは拍手が送られた。

 クラブは当面はアデミウソンを謹慎処分。警察の捜査が終了後、正式処分が決定する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月31日のニュース