異例 わずか9カ月で…J2京都 横浜MF仙頭呼び戻す 11年ぶり昇格へ本気度示す

[ 2020年9月26日 05:30 ]

横浜・仙頭
Photo By スポニチ

 11年ぶりの昇格を目指すJ2京都が、昨季まで在籍した横浜MF仙頭啓矢(25)を獲得することが分かった。期限付き移籍となり近日中に正式発表される見込み。完全移籍した選手をわずか9カ月間で呼び戻す異例のケースで、昇格へ向けた本気度を示す格好だ。

 技術と戦術眼に優れる仙頭は京都で3年間プレーし、J2リーグ99試合16得点を記録。昨年は36試合10得点を挙げて主軸として活躍した。だがJ王者・横浜では厚い選手層に阻まれ、リーグ3試合出場にとどまっている。

 クラブは昇格圏2位・徳島とは勝ち点9差の5位。さらなる厳しい戦いを想定し、経験のある選手獲得を模索していた。今季は新型コロナの影響で第3登録期間を設置。仙頭は10月4日の磐田戦から出場が可能になる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月26日のニュース