神戸・イニエスタ 三浦監督初陣で魅せた、先制点&追加点絡み今季初2連勝貢献

[ 2020年9月26日 21:29 ]

明治安田生命J1第19節   神戸4―0札幌 ( 2020年9月26日    ノエスタ )

<神戸・札幌>前半、ドリブル突破する神戸・イニエスタ(左)(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 イニエスタが“三浦ヴィッセル”の初陣でも魅せた。神戸がホームに札幌に迎えた一戦は、前半19分に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が左サイドでDF酒井とワンツーパスを通し、これがFW古橋の先制点の起点に。同45分には絶妙なスルーパスが追加点につながり、後半17分には左足のロングパスで再び古橋のゴールをお膳立てした。

 全4得点に絡んだ前節鳥栖戦に続く、3得点に絡む働き。これまで指導経験のなかった三浦淳寛新監督に初白星をプレゼントし、4―0の勝利でチームとしては今季初の2連勝を飾った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月26日のニュース