ネイマール封じた!マルセイユ酒井 10年ぶり敵地での宿敵撃破に喜び「やっと勝てた」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

フランス1部   マルセイユ1―0パリSG ( 2020年9月13日 )

<パリSG・マルセイユ>フル出場し守備で奮闘したDF酒井(左)(AP)
Photo By AP

 マルセイユが宿敵パリSGに敵地で勝ったのは実に10年ぶり。DF酒井は「やっと勝てた。今日こそはと思って臨んだので、結果が出て本当に良かった」と喜びを爆発させた。

 相手エースのネイマールを体を張って徹底マーク。警告を受けながら無得点に封じ「自分の出来うんぬんではなく、今日は勝ったことが全て。今日は、それだけを威張りたい」と胸を張った。新加入のDF長友はベンチ入りしたが、出番はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月15日のニュース