神戸・フィンク監督 今季のカギはACLの有無

[ 2020年6月2日 05:30 ]

オンライン取材を受ける神戸・フィンク監督(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸のフィンク監督が今季のカギとして、ACLの有無を挙げた。

 この日から神戸市西区で練習を再開。オンラインで取材に応じた指揮官は、7月4日のリーグ再開後に向けて「我々の大きなポイントの一つが、ACLが再開されるのか(どうか)。それによって試合数、移動時間も増える」と語った。開幕から2連勝を飾ったACLは現在、1次リーグの途中で中断しており、まだ再開日などは示されていない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月2日のニュース