スペイン1部 6・11再開決定 欧州5大リーグ仏以外は続行

[ 2020年5月31日 05:30 ]

欧州5大リーグの状況
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で3月12日から中断しているスペイン1部リーグが、6月11日のセビリア―ベティスで再開することが決まった。29日、スペイン協会やスペイン・リーグなどが合意したことを発表した。無観客開催で、順調に試合を消化できれば7月19日にシーズンを終える見通し。

 これで欧州5大リーグ全ての方向性が出そろった。16日に再開したドイツ1部に続き、イングランド・プレミアリーグは6月17日、イタリア・セリエAは同20日にリーグ戦の再開日を設定。いずれも新型コロナで深刻な被害が出ている国で、イタリア協会のグラビナ会長は「国全体への希望のメッセージとなるだろう」と意義を訴えた。フランスは4月末にシーズン打ち切りを決定した。

 地元メディアによると、スペイン・リーグのテバス会長は来季の開幕を9月12日とする意向を表明。ムンドデポルティボ紙は、リーグが観客を9月に定員の30%、11月に50%、来年1月に100%に戻す計画があると報じた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月31日のニュース