大分 FW知念が心情吐露 7・4再開決定も「不安…落ちている。あと1カ月で戻るのか」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

ゲーム形式の練習を行った大分・知念=右(写真提供大分トリニータ)
Photo By 提供写真

 J1再開が7月4日と決まった大分のFW知念慶(25)とDF鈴木義宜主将(27)が30日、オンラインで会見した。

 チームは前日から全体練習に移行し、この日からはゲーム形式も解禁。知念は「試合をしていた2カ月前とは比べものにならないくらい落ちている。あと1カ月で戻るのかなという不安はある」と心配を口にした。再開へ向けての調整には「とりあえずケガをしないこと、試合感覚、プレーの細かい部分を戻していけるようにしたい」と意欲も見せた。

 自粛中はモチベーションを保つのが難しかったという一方で、「今子供が凄く可愛い時期で、ずっと子供といられたのが凄くうれしかった。子供のためにも、もっと頑張らないとという思いがもっと強くなった」とプラス面も挙げた。

 鈴木は再開に「自分たちにとっては良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。クラブによると現時点で練習試合の予定は決まっていないが、全体のコンディションに合わせて組んでいくという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月31日のニュース