川崎F 憲剛、小林らオンラインイベントでサポと交流「個別にこんなに話したことない」

[ 2020年5月23日 17:01 ]

川崎FのDF登里。23日に本格稼働したオンラインフロンパークに登場

 川崎Fは23日、オンラインイベント「onlineフロンパーク」本格的に稼働させた。オンラインカンファレンスツール「Remo」とウェブ会議システム「Zoom」を掛け合わせて使用したイベントで、テストを数回に渡り重ね、この日は人数限定ながらもMF中村憲剛やFW小林悠ら選手も参加した中で本格スタート。約2時間、様々なイベントで盛り上がりを見せた。

 Remoは各フロアごとに設置されたテーブルを自由に移動して会話できるオンラインカンファレンスツールで、等々力競技場で開催されるホームゲーム当日にグルメブースや様々なアトラクションなどが設置される場外イベント「川崎フロンパーク」を再現。リーグ再開直後はしばらく無観客でのゲーム開催が想定される中、今後も様々なイベントを企画し、サッカーのある日常を徐々に取り戻していくことや、フロンターレファンと地域や企業をつなぎ(経済圏を作り出し)、少しでも経済を活性化させることを目指している。

 この日は中村、小林ほかDF登里享平、DF谷口彰悟、MF脇坂泰斗、GK安藤駿介の6選手がイベントに参加。Remoでは各選手の部屋が設置され、サポーターらと普段できない交流も実現した。「(プロ選手を)18年間やってますけど、個別にこんなにはなしたことはない」と中村。小林はサポーターらに自らのチャントを歌ってもらったようで「嬉しかった。再開したらカッコいい姿を見せられるように」と気持ちを新たにした様子だ。

 スキマスイッチの常田氏からプレゼントされたというマイクで登場した中村は「マイクはこのために買ったわけではないです!」と強調しながらも、今後へ「Remo可能性をすごく感じた。フロンターレから(他クラブにも)広がれば嬉しいこと。バージョンアップしてどんどんやっていけると思います」と、期待を口にしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月23日のニュース