原口元気 再開後日本人1号!豪快ミドル弾で今季5点目 ハノーバー勝利に貢献

[ 2020年5月23日 22:24 ]

ドイツ2部・第27節   オスナブリュック2―4ハノーバー ( 2020年5月23日    オスナブリュック )

オスナブリュック戦の後半、ゴールを決め祝福されるハノーバーの原口(左から2人目)
Photo By 共同

 ドイツ2部ハノーバーの日本代表MF原口元気(29)が、リーグ再開後の日本人1号を決めた。

 23日、アウェーのオスナブリュック戦に左MFで先発。前半途中からはボランチでもプレーし終了間際に退いた。

 3―2で迎えた後半40分に試合を決定付ける豪快なミドル弾を突き刺した。敵陣左サイドでのリスタートで、セットプレーに備えていた相手の意表を突いて、ショートパスを受けてドリブルを開始。キレのある突破で相手2人をかわし、ペナルティーエリア外から右足を振り抜き、低い弾道のシュートを右隅に決めた。2月9日のフュルト戦以来となる今季リーグ5点目となった。

 リーグ再開初戦として予定されていた17日のドレスデン戦は、相手チームに新型コロナウイルスの感染者が出てチーム全員が隔離されたため延期に。仕切り直しとなったリーグ再開初戦で、原口は1―2の後半30分に同点につながるPKを獲得するなど、逆転勝利に大きく貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月23日のニュース