G大阪 金英権が右肩脱臼で離脱 昌子は7日に合流

[ 2020年3月5日 11:19 ]

 G大阪の韓国代表DF金英権(キム・ヨングォン、30)が5日、右肩脱臼で離脱した。

 宮本監督によると3日の練習で負傷し、この日あったJクラブとの練習試合(対戦相手、結果は非公表)にも出場せず。全治は未定で、18日にリーグ戦が再開されても「出場は難しい」という。

 一方、既に部分合流している元日本代表DF昌子源(27)については「オフ明けにも全体(練習)に合流できると思う」と7日からの完全合流を示唆。11日の練習試合で“ガンバデビュー”する可能性も出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年3月5日のニュース