セリエA、新型コロナの影響で全試合無観客開催の可能性浮上

[ 2020年3月5日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染者が急増しているイタリアで、セリエAの全試合が無観客で行われる可能性が浮上した。スポーツ省のスパダフォーラ大臣が4日の会見で、サッカーの試合でファンの入場を禁止する可能性について問われ「我々はその決断を下す方向に進んでいる」と政府として近く規制することを示唆した。

 イタリアでは北部を中心にスポーツイベント開催が禁止され、セリエAも計10試合が延期されたが、感染者は2502人、死者は79人まで増えるなど影響が広がっている。4日のユベントス―ACミラン、5日ナポリ―インテル・ミラノのイタリア杯2試合も延期された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年3月5日のニュース